今までなかった画期的な「入場料自由」なコンサート、チケットの価値はお客様の感じたままに。

Einmal Project 

①一回限りの価値ある音楽の実現
プロ・アマチュアを問わず「自分の表現に責任を持てる奏者」を厳選し、お客様の心に響く一回限り(ドイツ語でEinmal)の音楽を実現します。
②入場料は「自由」
音楽の価値を決めるのは一人一人のお客様です。入場料を一律に定めることなく、音楽を聴き終えたお客様ご自身が感じた価値の分だけ入場料をお支払いいただきます。
③奏者の金銭的負担の軽減
よい音楽を気軽に聴ける社会を豊かな社会だと思いませんか?でも、コンサートの開催には莫大なお金がかかります。日本のアマチュア団体ではこの費用を奏者が負担することが一般的で、奏者がたとえ高い演奏技術を持っていても金銭的に余裕がないと演奏の場を得ることが出来ません。本プロジェクトでは、クラウドファンディングにより資金調達を行い、奏者の負担を50〜100パーセント減を目指し、最終的には、奏者が0円で演奏会に参加できる環境を整えていきたいと考えています。

icon3

Einmal Project奏者紹介

Einmal Projectに参加している奏者紹介ページです。大学生から社会人まで幅広い分野で活躍している若者たちが集まっております。プロ・音大卒・音大生・アマチュア関係なく最高の音楽を作り上げようという情熱あふれる奏者を募集しております。

icon2

Einmal Projectの理念と目標

Einmal Projectは、「本格的な音楽をもっと身近にお客様に感じていただきたい」という理念をモットーに、クラウドファンディングにも挑戦しております。

icon21

Einmal Project主催コンサートの最新情報ページ

こちらのページでは、Einmal Project主催のコンサートの最新情報がご覧いただけます。

現在ご協賛いただいている企業様

行政書士 あしき法務事務所 様           

◯音楽施設検索・予約サイト「オブリガード」様

 

 

ご協賛いただける場合の詳細についてはこちらからご覧ください。

⇩4分で分かる! Einmal Project⇩

2018年11月17日(土)名曲喫茶ミニヨンにて、室内楽、
2018年12月22日(土)杉並公会堂小ホールにて、室内楽、弦楽アンサンブルのコンサート開催決定!

Einmal Projectを支援する

他のアマチュアオーケストラとここが違う!

① 熱意ある奏者を厳選
一定レベルの技術・熱意を持ち合わせた奏者が集まることで、他のオケにはないハイクオリティな音楽を実現。例えばヴァイオリン奏者はほとんどがコンサートマスターやオケのトップ経験者、そしてソロで活躍する奏者です。もちろん、ソロと合奏の難しさは異なりますが、お客様に聞いていただくための最低限の技術確保に努めております。

② 入場料はまさかの「自由」
通常のコンサートでは入場料は一定の額が決まっております。しかし、音楽はその人にとって受け取り方は様々。そこで、お客様が感じていただいたままの「価値」を入場料とさせていただいております。(終演後アンケートともに封筒を回収させていただきます。)

③ アマチュアからプロへの橋渡し
現在クラシック音楽業界は、縮小を続けています。わざわざ高いお金を払ってまでプロのコンサートに足を運ぶ必要はないだろうという時代になってきました。それは、デジタル時代だったり、クラシックの良さがいまいちわからないという理由など様々だと思います。

しかし、やはり、「生で聴く音楽」は「デジタル」のそれとは比べ物になりません。言葉だと色々言えますが、まずは、クラシックに興味がない人も、コンサートに足を運んで欲しい、それが私たちの思いなのです。「生の生きた音楽」は私たちの人生そのものなのです。きっとあなたの心を震わせる音楽をお届けできると自負しております。

そのために、なるべく入場料という壁をなくし、私たちの音楽を聞いていただく、そんなコンサートを実現したいと思っております。

私たちの演奏を聴いて、「もっと本格的なコンサートに行ってみたいな」と思えば、プロの演奏会に是非足を運んでいただきたいと思っておりますし、Einmalの音楽も案外いいものだなと感じていただければ良いなと思っております。