Einmal Project 誕生秘話 まさかのアレがきっかけだった!?

Einmal Projectのきっかけは1日限りのオーケストラ

実はこのEinmal という「一回」という意味のドイツ語。

この言葉は当時一緒に運営をしていたoさんが見つけてきてくれたもの。

Einmal 名誉指揮者である佐久間一平さんが、練習の時に言っていた、「音楽の一回性」

ここから、Einmal がスタートしました。

コンセプトは当初とは違えども・・・

この1日限りのオーケストラは、特に何の制限を書けずに奏者を募集させていただきました。

これはこれでとても楽しく、音楽をしていてよかったなあと感じる1日でした。

 

 

 

 

 

しかし、「コンサートを開く」となると、話は別。

奏者が楽しいだけでは、いいコンサートはできないと私は、考えています。

やはり、練習不足や勉強不足による音楽は、聴いていて正直「苦痛」ですし、アマチュアならなおさらです。

お客様に聴いていただく以上、アマチュアなら音楽に真摯に向き合い、全力でなければならないのです。

ところが、現実は、なかなかうまくいかず、練習にこない奏者、コミュニケーションができない奏者、自主練習しない奏者などなど、あまりにも自分の演奏に無責任な奏者が多いのです。

そこで、当プロジェクトでは、そのような奏者ではなく、音楽に対して熱意を持って取り組める奏者を厳選しております。

具体的には、①超初心者はお断りをしている ②しっかりと練習する意思がある ことに加え、③ソロとしての実力者 や ④アンサンブル経験が豊富な奏者に声をかけております。

もちろん、優秀な奏者を集めれば、うまく行くかと言われれば、そうでもないのが音楽の難しいところではありますが、最低限の技術レベルの確保はコンサートを開くならば、残念ながら、必須と言えると思います。

じゃあ、どんな奏者がいるの?

と思ったそこのあなた!(笑)

ぜひ覗いていってください^^

Einmal Project所属奏者はこちら

 

関連記事

  1. Einmal 対談(第7弾)ヴィオラ 永島聡美「ヴァイオリンとチェロの…

  2. 「東京で穴場のアンサンブルの練習場所を見つけよう!」検索サイトオブリガ…

  3. Einmal 対談(第4弾)コントラバス 杉山祐一 「違うと思っていた…

  4. Einmal 対談 番外編 代表稲垣の団体立ち上げの想いとこれからのク…

  5. Einmal 対談(第1弾)指揮者・佐久間一平「思いやりの心の先に最高…

  6. 僕が目指しているオーケストラ像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

最近のコメント