クラシック音楽豆知識 No.1 曲(楽章)の途中で拍手はしていいの??




演奏会でいつ拍手をしていいかわからないという問題

クラシック音楽初心者が演奏会に行くと、拍手のタイミングに困る場合が多いだろう。

しかし、結論から言うと、「拍手のタイミングに決まりはない」のである。

と言っても、楽章と楽章(クラシック音楽の場合、1曲が複数の楽章という単位で区切られている場合がある。)の間では拍手しないじゃん!どういうこと?

と思うかもしれない。

確かに、楽章と楽章の間には拍手をせず、最終楽章の最後に拍手をする場合が「ほとんど」である。

「ほとんど」と書いたからには、その例外もある、。

楽章が素晴らしければ、途中で拍手をしていい!

その例外は、その楽章が素晴らしく、思わず拍手をしたくなった場合である。

たまに演奏会でこのパターンに出くわす。

もっとも、奏者としては、音楽の流れを切らしたくないので、それを「やめてくれ」という人もいる。

したがって、初心者であれば、楽章と楽章の間で拍手するのは、結局「やめておいたほうが無難」

ということになる(笑)

一人で拍手して、場がしらけるパターンもある。なんとも悲しい拍手になってしまう。

まとめ

拍手をするタイミングをまとめると、無難なのは、

①曲の切れ目

②楽章構成の場合は、楽章の最後

ということになる。

ついでに言うと、拍手しなければいけないとの決まりもない。

あまりにひどい演奏の場合、筆者は拍手しない(笑)

お客さんはもっと、奏者の奏でる音楽に素直になってもいいのではないかと思う。

あ、Einmal Projectでは、名曲喫茶ミニヨンと、杉並公会堂で演奏会を行うことが決まっています。

このコンサートでは、正直な気持ちを拍手にのせてくれればそれで幸せでございます。

その代わり、最高の音楽だったら、最高の拍手でお応えください!!!!

 




「企業向け広告枠募集」
企業広告

企業広告をプログラム・WEBサイト・SNS等に掲載いたします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です