僕が目指しているオーケストラ像

オーケストラ参加費が高すぎる問題

プロオケを除いて、アマオケに参加するに当たって、なぜこんなにも高い団費が必要なのか、非常に疑問に思っています。

演奏会参加費1人当たり30000〜50000円、そして、活動費は別・・・・

こんな大金払えないわ!!!

って人、多分結構いると思うんですよね。

いくら音楽に対する熱意があったとしても、僕は、こんなに払いたくありません。

 

アマチュアオケのレベル

アマチュアオケでも、一部オケではちゃんとオーディションがあり、一定レベルの人しか受け付けていないところがありますね。

これはこれで、いいと思います。やっぱり、高いレベルを目指す以上は、足切りは仕方がないと思っています。

でも、そんなオーディションをやっておきながら、参加費をとるっていうのはなんか納得がいかないんですよね。

Einmal Orchestraは、おそらく東京で唯一の団体では?

Einmal Orchestraは、こんな人に向いていると思います。

①音楽に対して熱意ある人と音楽を作り上げたい

→Einmal では、熱意ある人しか基本的に募集していません。

②高いレベルで作り上げたい

奏者プロフィールをサイトに掲載しています。ご確認ください。(なおメンバーは変動します)

③高い参加費は払いたくない

→Einmal では、基本活動費は、無料です。コンサート参加費も、基本無料。かかっても1回5000円〜10000円程度です。さらに一定レベルの奏者には、参加費免除、交通費支給をしております。

④無駄に練習回数多いオケには入りたくない。仕事、学業と両立したい。

→毎週練習参加は、負担が大きすぎます。お仕事や学業の負担になっては、音楽の楽しみも半減しますよね。そこで、Einmal ではコンサート直前の2ヶ月で3〜5回の集中期間で音楽を仕上げて行きます。

こんな方は、ぜひご連絡いただきたいと思います。(なお、参加にあたって、審査がある場合があります。)

ただ、Einmal にも弱点があります。

・指揮者の不在

→毎回公募するか、指揮なしの演奏会になります。

・団体維持費の欠乏

→お客様からの入場料等でまかなっているため、財政難になりがちですが、エコな活動方法により、運営されています。

例)価格が安い練習室の確保 演奏動画や録音は自前 写真撮影も自前 コンサートスタッフのボランティア など

 

一度、コンサートを聴いてみたいという方は、こちら

名曲喫茶ミニヨン

杉並公会堂

 

 

関連記事

  1. Einmal 対談(第6弾)オーボエ 小原和花子「お客さんの心にずっと…

  2. 杉並公会堂小ホールコンサート

  3. Einmal 対談 番外編 代表稲垣の団体立ち上げの想いとこれからのク…

  4. Einmal 対談(第8弾)井上裕美子・竹内春揮「色々な音が聞こえてき…

  5. Einmal 対談(第5弾)運営、ヴィオラ 三浦稔史「一人一人から音楽…

  6. Einmal Project 誕生秘話 まさかのアレがきっかけだった!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

最近のコメント