焼肉と音楽

焼肉を焼きながら音楽を聴く、新感覚エンターテインメント

焼肉じばご×Einmal Project スペシャルライブ

毎週「火曜」「水曜」19時より〜21時まで

焼肉じばご(東急東横線都立大学駅より徒歩3分)

料金システム

ミュージックチャージは無料です。
お一人様(大人)2500円以上の御会食をお願いしております。
ご予約いただけると確実にお席にご案内可能です。(満席の際はご容赦くださいませ)

➡️電話予約:03-3725-6008(焼肉じばご直通。ご希望日にライブ演奏を実施しているかお問い合わせください)

➡️インターネット予約は

こちら

〜注意事項〜
*1インターネット予約をしていただけると次回コンサート情報等を配信させていただきます。詳しくは当サイトご利用規約をご覧ください。
*2インターネット予約の場合、ご登録いただいたお電話番号にお店からお電話をさせていただく場合がございます。
*3直接演奏者が見えるお席と見えないお席がございます。演奏者が見えるお席をご希望の場合は、お早めにご予約いただきますよう、よろしくお願い致します。

直近の公演詳細

11月6日(火)7日(水)13日(火)14日(水)20日(火)21日(水)27(火)28日(水)12月4日(火)終了致しました。


2019年

 1月8日(火)開催決定!

出演者:伊藤 健汰/ Kenta Ito(ヴァイオリン)小針 侑也 / Yuya Kobari (ピアノ)


伊藤 健汰 / Kenta Ito(ヴァイオリン)
4歳からヴァイオリンを始め、小学5年生から7年間佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに所属。第2回すいたティーンズクラシックフェスティバルにて吹田市長賞を受賞。現在、早稲田大学スポーツ科学部在学中、早稲田大学交響楽団コンサートマスター。これまでに杉山笙子、杉山麻衣子、森田玲子、奥田雅代の各氏に師事。


小針 侑也 / Yuya Kobari (ピアノ)
1996年静岡県生まれ。日本大学芸術学部音楽学科ピアノコースを首席で卒業。芸術学部長賞を受賞。​第28回静岡県学生音楽コンクール第1位、及び静岡新聞社・静岡放送賞受賞。第20回長江杯国際音楽コンクール第1位。第14回アジア国際音楽コンクール第2位、副賞として、ウィーン国立音楽大学のリストザールにてコンサートを行う。第88回読売新人演奏会、第19回調律師協会新人演奏会に出演。​ポーランド国立クラクフ管弦楽団、三島フィルハーモニー管弦楽団、日本大学芸術学部管弦楽団等のオーケストラと共演。​これまでにピアノを芹澤佳司、楊麗貞の各氏に、室内楽を高木雄司氏に師事。​現在、桐朋学園大学カレッジディプロマコースに在籍。


1月9日(水)開催決定!

お店オープン:17時 ライブスタート:19時 ライブ終了予定:21時
出演者:青木浅間 / Asama Aoki(フルート) 山影 桂子 / Keiko Yamakage(ピアノ)


青木浅間 / Asama Aoki(フルート)
1993年生まれ。東京都出身。京都市立芸術大学管打楽専攻を卒業。フルートをこれまでに中村たか子、齋藤真由美、大嶋義実、富久田治彦、瀬尾和紀の各氏に師事。現在フリーランスで活動中。


山影 桂子 / Keiko Yamakage(ピアノ)
東京都出身。都立駒場高校音楽科卒業。桐朋音楽大学ピアノ科卒業。小林睦子、権藤譲子、井口秋子諸氏に師事。ウィーン音楽大学でA.イエンナ教授に師事。ドイツリート解釈と伴奏法を、シュトゥットガルト音楽大学のK.リヒター教授に師事。東京芸術大学声楽科、二期会などで主にドイツリートの伴奏とオペラピアニストとして活躍。声楽コンサート出演多数。フルート、弦楽器とのデュオコンサートや室内楽コンサートも好評を博す。ソロリサイタルも1982年から東京、横浜、熱海、伊東などで度々開催。


1月15日(火)調整中


1月16日(水)開催決定!

出演者:安田桂絵奈 / Keena Yasuda(サックス)


1月22日(火)開催決定!

出演者:安田桂絵奈 / Keena Yasuda(サックス)


1月23日(水)開催決定!

出演者:恒吉 泰侑 / Yasuyuki Tsuneyoshi (ヴァイオリン)小針 侑也 / Yuya Kobari (ピアノ)

恒吉 泰侑 / Yasuyuki Tsuneyoshi (ヴァイオリン)
日本大学芸術学部音楽学科弦管打楽コース ヴァイオリン専攻を卒業、同大学大学院芸術学研究科音楽芸術専攻博士前期課程、在学中。

3歳よりヴァイオリンを始め、12歳で鈴木メソード全課程を卒業。ドイツ、オランダコンサートツアー中、アムステルダムのコンセルトヘボウにて演奏。新作初演を含む現代曲やアンサンブル、映画音楽のレコーディングなども積極的に取り組む。これまでにヴァイオリンを印田礼二、井上淑子に師事、室内楽を中陳伸子、後藤裕乃、高木雄司、庄司知史に師事。


小針 侑也 / Yuya Kobari (ピアノ)
1996年静岡県生まれ。日本大学芸術学部音楽学科ピアノコースを首席で卒業。芸術学部長賞を受賞。​第28回静岡県学生音楽コンクール第1位、及び静岡新聞社・静岡放送賞受賞。第20回長江杯国際音楽コンクール第1位。第14回アジア国際音楽コンクール第2位、副賞として、ウィーン国立音楽大学のリストザールにてコンサートを行う。第88回読売新人演奏会、第19回調律師協会新人演奏会に出演。​ポーランド国立クラクフ管弦楽団、三島フィルハーモニー管弦楽団、日本大学芸術学部管弦楽団等のオーケストラと共演。​これまでにピアノを芹澤佳司、楊麗貞の各氏に、室内楽を高木雄司氏に師事。​現在、桐朋学園大学カレッジディプロマコースに在籍。


1月29日(火)開催決定!

お店オープン:17時 ライブスタート:19時 ライブ終了予定:21時

出演者:宮本祥代 / Sachiyo Miyamoto (声楽:ソプラノ)


東京都出身。声楽家、ソプラノ歌手。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。大学時代はアカペラによるコーラスグループを結成しリードボーカルやコーラスパートを務め、路上ライブやライブハウスでの演奏を経験した。これまでのオペラ出演は「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ役、「リゴレット」ジルダ役、「ファルスタッフ」ナンネッタ役。イタリアのプラート劇場にて「国境のない音楽会」に出演。その他、多数のコンサートホールやイベントの余興で演奏。HPはこちら
藤原歌劇団員。 日本演奏連盟会員。アーティストバンクこだいらメンバー


1月30日(水)開催決定!

お店オープン:17時 ライブスタート:19時 ライブ終了予定:21時
出演者:小原 和花子 / Wakako Kohara(オーボエ)西江 穂乃香 / Honoka Nishie(ピアノ)


小原 和花子 / Wakako  Kohara
1996年生まれ、長野県出身。13歳よりよりオーボエを始める。これまでに浜道晁氏、田渕哲也氏に師事。埼玉栄高校吹奏楽部としてウィーン青少年国際音楽コンクール吹奏楽の部にて1位を受賞、全日本吹奏楽コンクールにて金賞を受賞。大学在学中には東京外国語大学管弦楽団に所属していた他、留学先でBrandenburgischer Sinfonieorchesterを始めとする複数の現地アマチュアオーケストラの演奏に参加。他にも2016年ワールドシップオーケストラインドネシアツアーに参加。


西江 穂乃香 / Honoka Nishie
1996年生まれ、北海道出身。5歳よりピアノを始める。11歳の時両親の都合でドイツ・フライブルクに移住、Hyun-Sook Noh氏に師事。ピアノグレード4級保持、現在は東京外国語大学ピアノサークルに所属している。


その他(奏者一覧)

出演者:千野哲太(サックス)和久井沙良(ピアノ)


千野哲太(サックス)
1996年生まれ22歳児音楽家。
ソリストとして2015年より新曲初演をメインに活動し、2018年、サクソフォーンからドイツ3大Bへのアプローチをテーマにリサイタルを開催。同年、藝大フィルハーモニー管弦楽団とパガニーニ作曲バイオリンコンチェルト第1番(S.Sax.版)を共演(世界初演)。
世界初のサックスとドラムのみによるロックバンド”Tokyo Rock’n SAX”、プラットフォーム型四重奏団”ひびかる”にも所属し次世代のクラシックに通ずる道を開拓している。第16回Jr.サクソフォーンコンクール第1位。音大生新コミュニティ”JAMCA”代表。


和久井沙良(ピアノ)
1998年栃木県足利市に生まれる。3歳よりピアノを9歳より作曲を始める。17歳までに多くの自作自演作品を発表し、ヤマハ音楽振興会主催のコンサートに多数出演。大学入学後は音楽学を専攻する傍ら、アーティスト活動を精力的に行なっている。現在インストゥルメンタルユニットMIKISARA、即興演奏集団LA SEÑAS COLECTIVOなどに所属。その他全国の学校公演や企業や団体への楽曲提供、サポートピアニストとしても活動。ピアノのみに留まらず日本を代表するスティールパンオーケストラであるPanorama Steel Orchestraのスティールパン奏者の一員でもある。



稲垣悠一郎/ Yuichiro Inagaki (ヴァイオリン)
1993年生まれ。東京都出身。 コンサート発起人。 5歳より繁枡百合子氏に師事。 草津国際音楽アカデミーにおいてウェルナー・ヒンク氏のマスタークラスを2 度受講。 中央弦楽四重奏団、カルテットコインシデンス第1ヴァイオリンなどを経て、 Worldship Orchestra 2016春インドネシアツアーソリスト、 ミラコロシンフォニーオーケストラコンサートマスター・ソリストを務める。その他ソロ・室内楽で活動中。中央大学法学部法律学科卒。 現在首都大学東京法科大学院在学中。EinmalProject代表。


山影 桂子 / Keiko Yamakage(ピアノ)
東京都出身。都立駒場高校音楽科卒業。桐朋音楽大学ピアノ科卒業。小林睦子、権藤譲子、井口秋子諸氏に師事。ウィーン音楽大学でA.イエンナ教授に師事。ドイツリート解釈と伴奏法を、シュトゥットガルト音楽大学のK.リヒター教授に師事。東京芸術大学声楽科、二期会などで主にドイツリートの伴奏とオペラピアニストとして活躍。声楽コンサート出演多数。フルート、弦楽器とのデュオコンサートや室内楽コンサートも好評を博す。ソロリサイタルも1982年から東京、横浜、熱海、伊東などで度々開催。

MASH弦楽団(ジブシージャズバンド)


GYPSY JAZZは、ヨーロッパを起源としたJAZZとして世界に広がりました。 Stringsのみの編成の私たちの音楽はLead GuitarとViolinに、Rhythm GuitarとBassが加わり 時に哀しく、時に激しく哀愁漂うメロディを奏でます。 MASH弦楽団はGYPSY JAZZを基本にオリジナル楽曲までをレパートリーとし、超絶テクニックと絶妙なアンサンブルを得意としています。 各地ジャズフェスやソラマチのような施設でのイベント演奏、結婚式でのブライダル演奏を行うなど、精力的に活動中。


落合真悟 / Shingo Ochiai(チェロ)
5歳よりチェロをはじめる。チェロを植草ひろみ、安田謙一郎、北本秀樹の各氏に師事。室内楽を北本秀樹、磯村和英、木越洋、小森谷泉の各氏に師事。日本音楽舞踊会議主催のFresh Concert CMDJ2014〜2018、堀米ゆず子アカデミー2017等に出演、参加している。現在早稲田大学文学部3年及び桐朋学園大学カレッジディプロマコース2年在学中。